近視は治らない?

子どもを近視から救う?専門医が話す最新治療5選

子どもを近視から救う?専門医が話す最新治療5選
画像素材:PIXTA

「先生、ウチの子の近視、治りますよね?」

こどもの近視の相談で眼科を受診したお母さん、お父さんが、診察室で医師に必ず投げかける質問です。スマホや電子ゲームを使い始める子どもの低年齢化、そしてコロナ禍でのオンライン授業などで、子どもたちも目を酷使する時代になり、目が悪くなるこどもが増えています。

残念ながら、いったん近視になってしまうと、進むのを遅らせることはできるのですが、根本的な治療は難しいのが現状です。しかし、近視のメカニズムが解明されるとともに、進行を抑える治療も国内外で研究されてきました。2022年現在、医療機関で行われている最新の治療法は、おもに次の5種類です。
  • ① 低濃度アトロピン点眼液

    0.01%または0.025%の低濃度のアトロピンを点眼する
  • ② オルソケラトロジー

    就寝中のみ、特殊なハードコンタクトレンズを装用する
  • ③ 多焦点ソフトコンタクトレンズ

    大人の老眼に用いる遠近両用のソフトコンタクトレンズを装用する
  • ④ 累進屈折力メガネ

    大人の老眼に用いる境目のない遠近両用メガネを装用する
  • ⑤ 低濃度アトロピン+オルソケラトロジーor 多焦点ソフトコンタクトレンズor 累進屈折力メガネの併用療法

    ①の治療に②・③・④を併用する

子どもの視力に関する診療と研究をライフワークにしてきた、医学博士・眼科専門医 木下望先生は、「小さい子どもを持つ親御さんには、近視のことを正しく知ってほしい」と強調します。

「 “学校の健康診断で視力の低下を指摘された”“テレビや本を見る距離が極端に近くなった”などの受診動機で眼科を訪れるこどもたちの親御さんのほとんどは、治療すれば視力が回復すると考えているようです。しかし、残念なことに、子どもの近視のほとんどを占める“軸性近視”は、現代の医療を駆使しても、進行すると元に戻すことができないのです」

これはショック! ちなみに、“軸性近視”とは、“眼軸長”という目の奥行きの長さが伸びることによって、遠くのものに焦点が合わなくなった状態です。いったん伸びた“眼軸長”は、短くすることができません。

眼断面図


「現在、行われているこれらの治療法も、そのお子さんの目の状態が適応かどうかの条件があるうえ、費用と親御さんのサポートが必要です。しかし、近視はとにかく進行させないことが重要です。お子さんの近視治療に関心がある親御さんは、ぜひお早目に眼科専門医に相談してください」(木下先生、以下同)

今の子どもたちのご両親や祖父母の子ども時代には、目が悪くなると目薬をさしたり、視力回復のためのトレーニングをさせられたりした記憶があるのではないでしょうか。あれって、医学的な根拠がなかったということ?

「医療・医学の進歩はめざましく、新たな治療薬が開発されるなどして、数年前には治せなかった病気が完治するようになった例も少なくありません。

しかし、子どもの近視に関しては、逆に検査機器の開発が進んで、近視になる原因がわかったことによって、20世紀までの古い考え方が否定されました。人間の“眼軸長”を簡単に測ることができるようになったからです。

実は、わたし自身も中学に進学する頃から近視になって、あっという間に0.1に進み、遠くを見るトレーニングなどを実践しましたが、近視は治りませんでした。眼科医になって近視のメカニズムを研究するようになり、それらが無効だったことがわかりました。

今や、子どもの近視治療のトレンドは、“眼軸長”が伸びるのを抑えて、“軸性近視”の進行を遅らせるための治療なのです」
子どもを近視から救う?専門医が話す最新治療5選
画像素材:PIXTA

ちなみに、メガネあるいはコンタクトレンズを使って、遠くのものにピントが合うようにすることはもちろん可能です。医学的には“屈折矯正”といいますが、それはあくまでも対症療法であって、近視の原因を取り除くものではありません。それどころか、かえって近視を悪化させてしまうケースがあることもわかってきました。

近年、広く行われるようになっている“レーシック手術”も、やはり対症療法のひとつです。

お子さんの大切な目を守るために、あとになって後悔しないために、あなたもぜひ“軸性近視”について知っておいてください。

〈参考文献〉
木下 望 『近視から子どもたちの目を守れ! 近視と闘い続けた眼科医からのメッセージ』(2021年、幻冬舎)
平岡孝浩・二宮さゆり編『クリニックで始める 学童の近視抑制治療』(2021年、文光堂)

人気記事

近視は治らない?

子どもを近視から救う?専門医が話す最新治療5選

  • ちなみに、メガネあるいはコンタクトレンズを使って、遠くのものにピントが合うようにすることはもちろん可能です。医学的には“屈折矯正”といいますが、それはあくまでも対症療法であって、近視の原因を取り除くものではありません。それどころか、かえって近視を悪化させてしまうケースがあることもわかってきました。 近年、広く行われるようになっている“レーシック手
  • 子どもを近視から救う?専門医が話す最新治療5選

近視の治療最前線

世界注目の近視の進行を抑える方法とは?〈前半〉急増している子どもの近視。治療のタイミングを逃さないで!

  • 点眼薬による近視の進行抑制治療 子どもの近視に関する研究は、特にアジア各国でさかんに行われています。日本をはじめ、韓国や中国などでは幼少期から近視になる子どもが多く、臨床研究でも、世界をリードしています。なかでもこの数年でさかんに行われるようになったのが
  • 世界注目の近視の進行を抑える方法とは?〈前半〉急増している子どもの近視。治療のタイミングを逃さないで!

関連記事

30年後、世界で10億人が失明する?近視をほったらかしたらヤバイ理由(前編)

30年後の子どもの目が危ない!海外の研究機関が警鐘、
近視パンデミックにより、失明リスクが大幅に高まる⁈

  • あなたはもちろんのこと、特にこれからの未来を生きていく、あなたの子どもの目に関する、驚きのデータが発表されているのを、皆さんはご存知でしょうか? 2016年にオーストラリアのブライアン・ホールデン視覚研究所が発表したところによると、近年のはっきりとした増加傾向がこのまま続けば、なんと「約30年後の2050年には、世界の全人口の約半分が近視になる」というのです。 さらに、同研究所は「全人口の10パーセントは近視の中でも特に症状が重い、強度近視になる」とも推計しています。
  • 30年後の子どもの目が危ない!海外の研究機関が警鐘、近視パンデミックにより、失明リスクが大幅に高まる⁈

30年後、世界で10億人が失明する?近視をほったらかしたらヤバイ理由(後編)

「近視」はパンデミック!
30年後には世界人口の約半数が近視になるってホント!?

  • パンデミック。病気の世界的な大流行を意味するこの言葉は、コロナが世界的に蔓延した昨今、よく聞かれるようになりました。 そして実はコロナだけでなく、いま密かにパンデミックが進行している病気があります。 それは、「近視」です。 その根拠となるのが、以前にも紹介した2016年に、オーストラリアのブライアン・ホールデン視覚研究所が発表した調査結果です。
  • 「近視」はパンデミック!30年後には世界人口の約半数が近視になるってホント!?

PAGE TOP